守ることがある

funeral ceremony

大切な人がなくなった場合、葬儀に行ってお別れを告げることになります。葬儀は厳粛な場なので、差し支えなく儀式を行うためのマナーがあります。 それを守って行なうことも大事になるので覚えておきましょう。

» この記事を読む

人気の理由

気軽にお墓参りできるタイプが人気

people

自分のお墓をどうするか、ということを考えた場合、どのようなところに注意すればいいでしょう。 まず、墓地は寺院が運営する寺院墓地、自治体が運営する公営墓地、財団法人などが運営している公営墓地があります。宗派がある場合は、希望の場所にお墓が作れない場合があります。 また、景色の良い場所や高台も人気ですが、お参りする人が行きにくい場所、交通の便が悪い場所はお墓のメンテナンスがしにくく、残された人が困る場合があります。 最近利用者が増えているのが納骨堂です。納骨堂は、遺骨を土に埋めるお墓とは異なり、室内で遺骨を保管するというものです。都心部に多くみられ、気軽にお参りできることや、お墓のメンテナンスの必要が少ないことから人気が出ています。

納骨堂のさまざまなタイプ

納骨堂には、ロッカー式や室内にある墓地のような墓石式、位牌などもおける仏壇式などさまざまな遺骨の安置方法があります。また最近では、機械によって管理され、お参りしたい遺骨を呼び出せるタイプの納骨堂もあります。 納骨堂を利用している人は、自分の身内にお墓を管理する負担を減らしたい、近い場所にあっていつでも気軽に行くことができるなど理由もさまざまですが、核家族、高齢者社会といった家族形態が変化した現代において、これからも利用する人が増えていくと考えられます。 納骨堂を決定するまでに、見学会などに参加し、契約にすすみますが、契約した時点から管理費が発生する場合、納骨時から必要な場合など場所によって費用がかかる時点が異なりますのでよく確認しておきましょう。

連絡をする

funeral ceremony

事情により葬儀に出席出来ない可能性もあるでしょう。その場合は欠席の返事をなるべく早く出すことを忘れてはいけません。弔電もよい方法になりますので検討してみましょう。マナーも大事です。

» この記事を読む

服装を考える

funeral ceremony

服装はその場に適したものをチョイスすることが大事になってきます。例えば葬儀の場合、普段着での出席はマナー違反でしょう。どのような服装が一番最適なのか知っておくと役立ちます。

» この記事を読む